最初は、クレジットカードでの買い物だけでしたが、その支払いが、毎月のように増えていき給料だけでは、足りなくなり、キャッシング、カードローン、ついには消費者金融にまで手を付けるようになってしまった。
その後も借金は増え続け、借金の借金で返す生活になってしまった。
返済に追われる日々で、給料日が来ても不安で仕方なかった。借金を返済するために新たな借入先を探しまたそこで借金することに疲れ果てていた。
何よりも生活費が全く残らず、家庭にいつバレるかと気が気ではなかった。
返済日もバラバラだったから毎日借金の都合ばかりを考えていて仕事も手につかなかった。
ある日、毎月借りることの出来ていた金融会社からも借り入れストップとなってしまった。万事休すかなと。途方に暮れていた。

数日たって、思い腰を上げ、法律事務所に相談をし債務整理をすることにした。
意外と簡単に話は進み、個人再生をすることに決まった。詳しい内容などを聞いて、自家用車は没収ということになったが、ローン中だったのである程度は覚悟をしていた。家には何て言おう?

親友に債務整理をしたことを打ち明けた。
「生きてればいいよ」と言われた。意外な言葉だった。
普段はお互い言いたい放題言い合う中なので、説教でもされるのだろうなと思っていたので、泣きそうになった。

もし法律事務所へあの時電話をしなかったら更に借金は増え収集が付かなかったと思う。個人再生で済んだのは、結果として良かった。自己破産なら勤務先にも家庭にも完全にばれていただろう。

何よりも精神的に落ち着いた。
贅沢はしてるつもりはないけど欲しいものも買えるし、小銭を漁って食料品を買いに行くようなこともないのが、嬉しい。